スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
世界のカタチ
先日友人に聞かされて物凄く「へぇ~」と思ったお話
「RPGの世界は、地球のように球体ではない」
というもの
飛空挺・飛行機にでも乗ったとして考えてみてください。
適当な場所に「A」「B」配置したとして

Q1
「Aさんは東へまっすぐに進むと、元の場所に戻れますか?」
「Aさんは北へまっすぐに進むと、元の場所に戻れますか?」

答えは両方YES


Q2
「Aさんは東へまっすぐに進むと、どういうルートを通りますか?」
「Bさんは東へまっすぐに進むと、どういうルートを通りますか?」

はい、当然こうなりますね
map1



Q3
「Aさんは北へまっすぐに進むと、どういうルートを通りますか?」
「Bさんは北へまっすぐに進むと、どういうルートを通りますか?」
「この時AさんBさんのルートは重なりますか?」
北の端に到達した後、差が生まれます

RPGの世界では、南の端っこから出てきますよね?
map2


現実世界だとこうなります
map3
そう、北極点を過ぎると今度は南極へ向かって南下するのです

「ルートは重なるか?」も答えが違ってきます。
現実では、YES
RPGでは、NO


つまり
現実の地球は球体
「東の端っこ」と「西の端っこ」が線で接してる
「北の端っこ」は「北極点」に収束している
「南の端っこ」は「南極点」に収束している

RPGの世界は
「東の端っこ」と「西の端っこ」が線で接してる
「北の端っこ」と「南の端っこ」が線で接してる

よって
「RPGの世界は、地球のように球体ではない」
という結論に至るわけです。

じゃあどういう形なの?といいますと
「ドーナツ状」になるそうです。
map4



言われてみれば確かに違うのですけど、この着眼点は
面白いですね。
(ちょっとややこしい話なので、細かいブレは取り除いて説明してます。
ニュアンスだけでも伝われば嬉しいです)

とはいえ
「FF7」は今回の「PRGの世界」になるわけですが
ホーリーのムービーとか見る限りは球体だったりしますし、
ファミコンの容量足りない頃の名残なのでしょうねぇ
いまさらリアル基準に変えられても、混乱するだけですケド。

FF11はどうなんでしょう?
星の神子/大樹なんで言葉もあるし、星座もあるし
たぶん「星」なのでしょうけど。

某カミサマとの戦闘フィールドが宇宙っぽかったけど
実はあれの背景に映っていたかも?
気が向いたら追加調査です。

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

【2008/03/17 08:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<からくり士ソロ紀行~ノールの爪を求めて~ | ホーム | マジックモーターちょっとお試し>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coppelia004.blog116.fc2.com/tb.php/156-d431e0df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。