スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ライオンキング初観賞
先日、ちょっと機会がありまして、観てきました。
感想やらなにやら。

※ネタバレ無し、個人的な感想なので偏ってるかも
過去の記事で扱いましたが、
私のミュージカル観賞歴は、Wicked(ウィキッド)を去年と今年の1回ずつ見た程度。
かんぺきな素人です。

観想を一言で
「つまらなくは無かったけど、ウィキッドの方が好き。
もう1回自分でお金を出してまで観にいこうとは思わない」


以下、良い所&残念な所

良い点
・人間が演じる動物の描写
 この点においては、一つの完成形といっていい程、素晴しいものでした。
 2部の最初のハゲタカ?の地表に映る影とか、凄いかっこいいです。

・対象客層が広い
 流石ディズニー、小さな子供連れでも楽しめると思います。
 誰を連れて行っても問題ない感じ。

・サルとイボイノシシ
 お調子者コンビ、特にサルの細かい仕草とユーモアは一番のお気に入り。


残念な点
・良くも悪くもディズニー
 「小さい子供にも見せられる」裏を返せば、ちょっと物語が平坦、単調。
 TDL行ってもコースター系ばかり乗る私には、少し物足りない。

・動物語の歌
 これも相性の問題ですが、私的にはあまりはまりませんでした。

・微妙に活舌悪い
 ダンス成分が多いからでしょうか、所々
 「ここは動物語ではなく、日本語で歌っているってのは判るんだけど、
 なんて言ってるの??」って部分が

・ライオンの涙
 他の「笑う所」はまぁいいとして、ここはNG。
 ある意味もっともシリアスなシーンで、あの演出を見たときは
 「え、、ここ笑う所?こんなに重いのに?、、いやいやいや」

・ご都合主義に説得力が無い
 「最後は正義が勝って、大団円(※)。多少のご都合主義もご愛嬌」
 これはいいんです。
 けれど、ライオンキングのそれは、ちょっと過ぎてる。

 最後の大逆転のシーン、幾らなんでも主人公補正かかりすぎ。
 ていうか、下から見てたライオンからは
 「主人公が悪のボスを力で脅して、無理やり自分が悪いと言わせた」
 ようにも取れるわけで。

 ご都合なのは結構なのだけど、最低限の納得できる理由は提示して欲しいところ。



とまぁ、こんな感じ。

もし次に観にいくなら、今度横浜に劇場が出来るキャッツか、
ウィキッドが復活した時かな~。



※物語が起承転結を経て、なんだかんだでハッピーエンドになる事を
 これを書くまで【大円団:だいえんだん】だと思っていました。
 正しくは【大団円:だいだんえん】なのですね、、軽くショック受けてます。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/10/05 18:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<金策とオーグメント | ホーム | リハビリを兼ねて金策>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coppelia004.blog116.fc2.com/tb.php/465-f427943d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。