スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
どんな幻でも構わない、だから
RURUTIAのミニアルバムのタイトル曲「Behind the blue」の歌詞より。

うん、、いいね!

以下、各曲の感想。
私は結構、何でも「雰囲気」や「感じ」で表現してしまうので、
テンションも相まって変なのりになるかも。

01.Behind the blue
 私の中のRURUTIA最強曲の中に
 「幻惑の風」と言うのがあるんですが
 それに近しい雰囲気を感じます。
 個人的にはmidnight strory remixの方がお気に入り。

02.Rainbow
 「虹」題材とした曲って、各アーティストさんだされていますよね。
 ラルク「虹」、イエモン「RAINBOW MAN」、坂本真綾「tune the rainbow」
 (物凄いラインナップに偏りを感じるけど・・・)どれも大好きです。
 RURUTIAの曲の中だと「アラベスク」の中に
 「七色の~」って表現があったくらいかな?多分

 この曲は「ザ・ウェディングソング」って感じ。
 特にalegria dance remixは、「結婚式の2次会のBGMの為に作った!」
 としか思えません。似合いすぎて怖いくらいw

03.花綴り
 基本的には別れの歌、なのですが
 曲調がとても落ち着いている事と、歌詞の
 「大丈夫、運命ならまたいつか会える」
 という部分から、失恋ソングと言うよりは、
 悲しいけれど前向きな、卒業ソングに近い印象。
 でも、そのほかの部分は恋人描写だし・・・

 どういった関係なんだろう?と思いを巡らせています。

04.夢蛍
 アニメ「秒速5センチメートル」での
 舞い落ちる桜の花に手をかざして
 「ねぇ、、まるで、雪みたいじゃない」
 を思い出しました。あれかなり好きなシーン。

 コチラでは
 「街灯を浴びて煌く雪」を「夏の蛍火」に例えています。
 ぐっと幻想的な空気が増した印象。

05.LAST DAY
 全体的に悲しいの曲なんですが、
 さびの、次々と言葉が溢れ出してくるような
 旋律がとてもツボ。基本的に半音上がる下がる系とか好き。



全体の感想
曲単体での満足度は良いのですが、
前作「Seirios」と比べると
新譜の少なさに物足りなさを感じてしまったのも、事実。

まぁ、Seiriosは私の中でドストライクな一品でしたので、
あれの個々の感想書き出したらこんなもんじゃ済みませんが!!

テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

【2010/10/10 06:38】 | 中の人の話 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<シャイルマンティル買戻し | ホーム | 何とか購入>>
コメント
幻惑の風良いですよねぇ。大好きな曲のひとつです。
玲々テノヒラも雰囲気は似ているように感じます。男性主観ですね。
【2010/10/11 01:21】 URL | Narses@Rurutia中毒者 #-[ 編集] | page top↑
こんばんは、

あー言われてみれば確かに雰囲気近いかも。
玲々テノヒラもどっちかというとアレンジVerの方が好みですね!

そういえばニコニコ動画だったかな?
ロストバタフライのアレンジVerを
そこで聞いたけど、あれは持っていないんですよねぇ。

【2010/10/12 01:04】 URL | spinel #-[ 編集] | page top↑
ロストバタフライのアレンジverというとBraveVerのことでしょうかねぇ。
「ゆるぎない美しいもの」のカップリングで収録されていますよ!確かにあの曲も今思えばかなりテクノ?な感じですねぇ
【2010/10/13 06:35】 URL | Narses@不眠症 #-[ 編集] | page top↑
こんばんはー

なるほど・・・最初のころはアルバムのみを
買ってたから、知らなかったのかぁ。

納得デス。
【2010/10/13 20:22】 URL | spinel #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coppelia004.blog116.fc2.com/tb.php/729-e14f15b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。