スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
からくり士でヴォッチ
Step1の6NMに対して、からくり士で参加してきました。
その辺の感想。

※途中から憶測が混じります

【弱点】
[現在の弱点を知ることができる]=[弱点に選ばれる可能性がある]
だとすると。

・からくり士のアビ
ディプロイ:10秒毎に弱点を知る機会があるお手軽アビ
腹話術:指定されたとき使えるようにとっておく

・オートマトンウェポンスキル
なんと全12種類。
スウィッチ、キャパシターをフル稼働しても網羅はかなり厳しい。
しかも空振りするとやり直しだし・・・。
ああ、そうそう
マトンがWS撃っても、マスターの方に弱点を知る機会があるんですよね。
ちょっと意外。

・オートマトンの特殊技
これも意外なことに[射撃マトンの遠隔攻撃]でも弱点を見れます。
ここからは憶測ですが、この特殊技に属するのって
[遠隔攻撃][挑発][フラッシュ][乱れ撃ち][シールドバッシュ]
この5種類かな。

その辺を考慮すると、
射撃マトンがデフォルト状態で一番手広く弱点を狙える、、ということになるでしょうか。

からくり士でなければつけない弱点がいくつもあるのは事実です。
が、現状このコンテンツではそれ以外に売り要素がない。

基本的に、自分なりにからくり士の有効性があれば売り込んでいくタイプですし、
「からくり士で来てOK」と言ってもらえているんですが・・・
来週からは学者を出すと思います。

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

【2011/06/09 00:19】 | コンテンツ系 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ボナンザボナンザ | ホーム | ウルス経過報告_002>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coppelia004.blog116.fc2.com/tb.php/827-e6757f10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。